tete.

子育て真っ只中の姉妹2人で運営!妊娠中や出産時の体験談、育児グッズのレビュー、子連れでのお出かけなど、子どもとの暮らしに役立つ情報を発信します。

【新江ノ島水族館】赤ちゃん連れえのすいレポ!授乳室などの設備情報やお得な年パス情報など♪


\ この記事が気に入ったらシェア! /

f:id:tete-by-sisters:20190425043608j:plain

こんにちは!姉のすずです^^

都心から気軽に日帰りで行ける観光スポット江の島!

江の島は家から近いため何度か訪れたことがありましたが、今回はじめて娘を連れて新江ノ島水族館に行ってきました♪

えのすいデビューレポと合わせて、赤ちゃん連れのための設備情報やお得な年パス情報などご紹介したいと思います。

新江ノ島水族館はこんな水族館

f:id:tete-by-sisters:20190419212904j:plain

新江ノ島水族館は神奈川県藤沢市片瀬海岸にある水族館で"えのすい"の愛称で親しまれています^^

相模湾に面し、右手に富士山、左手に江の島という絶好のロケーション。

“相模湾と太平洋にくらす生物”を基本テーマに、海や環境について楽しく遊びながら学べるエデュテインメント性の高い展示やショー、体験プログラムを実施しています。

まずはえのすいの特色をご紹介していきます!

 

新江ノ島水族館の"新"とは?

1974年に江の島水族館が設立され江の島の観光名所として長い間親しまれていましたが老朽化等の理由により2004年に閉館。

その後、江の島水族館の学術や知的資産を継承しオープンしたのが新江ノ島水族館です。

 

相模湾大水槽

f:id:tete-by-sisters:20190421230908j:plain

ひときわ目をひくのが館内で一番大きい水槽の相模湾大水槽!

相模湾の環境が再現された水槽内には波が発生し、その下で泳ぐ魚たちの姿や、水深に応じて魚の種類が変わる様子を観察できます。

とくに国内でも有数のイワシの漁場として知られる相模湾ならではなのが約8,000匹のマイワシの群泳。

銀色に輝きながらうねり泳ぐ姿は最大の見どころです!

 

クラゲファンタジーホール

f:id:tete-by-sisters:20190419225711j:plain

クラゲの体内をイメージしたというホールには14種類のクラゲを展示。

とても幻想的な空間でソファに座りながらゆったりクラゲを眺めることもできます。

また世界初となる3Dプロジェクションマッピングを使ったクラゲショーも行われており、ホール全体が潜水艦となって海の世界へと案内してくれます。

ちなみにえのすいは世界に先駆けてクラゲの展示を始めた水族館なんだそうです!

 

イルカショー

f:id:tete-by-sisters:20190419224640j:plain

イルカショーは平日に行われる「キズナ」と土・日・祝などに行われる「ドルフェリア」の2つのプログラムがあり、それぞれのテーマに合わせた演出やイルカの姿を楽しむことができます。

座席はプールを囲むようになっていて、イルカたちも色々なところでジャンプしてくれるのでどの角度からでも楽しめるようになっています。

イルカを間近で見たい、水しぶきを浴びたい、という方は前から4列目までの席がおすすめです^^

 

赤ちゃん連れのための設備情報

・授乳室

授乳室は館内1F入場口奥2F総合案内近く計2ヶ所にあります。 

女性専用で授乳スペースと給湯スペースもあります。

 

f:id:tete-by-sisters:20190419214622j:plain

授乳スペースは個室ではなくカーテンで仕切られているタイプ。

1F入場口奥の授乳室には3席ありました。

 

f:id:tete-by-sisters:20190419214616j:plain

給湯スペースでは約95℃のお湯が利用できます。

給湯栓(蛇口タイプ)なのでやけどや温度調節には注意してください。

必要に応じて湯冷ましを持参しておくといいかもしれません。

 

・オムツ交換台

女性トイレ

f:id:tete-by-sisters:20190419214627j:plain

全ての女性トイレにオムツ替えの台があります。

オムツ用ごみ箱も設置されているのが嬉しいですね。

 

多目的トイレ

f:id:tete-by-sisters:20190419214634j:plain

多目的トイレには介護シートがあるのでオムツ替えが可能です。

こちらにもオムツ用のごみ箱があります。

ちなみに男性用トイレにはオムツ交換台がないので、パパがオムツ替えをするときは多目的トイレを利用しましょう。

 

・食事スペース

カフェ&売店

えのすいの館内にレストランはありませんが、出口にある湘南カフェには丼ものやカレーなどのメニューがというがあります。

ただ席数が少ないので土日祝やお昼時には混雑が予想されます。

また館内にはパンやスナックなどの軽食を販売している売店もあります。

 

飲食物の持ち込みOK

お弁当など飲食物の持ち込みは可能です!

レストランがないので結構お弁当を持参している人を見かけます。

 

飲食スペース

f:id:tete-by-sisters:20190423120259j:plain

2F中央にあるオーシャンデッキや、イルカショースタジアムへ向かう連絡通路にあるベンチで飲食ができます。

またイルカショースタジアムの観覧席も飲食可能スペースとなっているので、席の確保をかねて食事をしながらショーの開演を待つのもいいかと思います^^

 

電子レンジなし

館内に電子レンジはありません。

離乳食やお弁当を温めることはできないので、持参する際には温める必要のないものを用意しましょう。

 

スロープやエレベーター有

f:id:tete-by-sisters:20190419220440j:plain

館内1Fと2Fの移動はエレベーターやスロープがあるのでベビーカーでも大体のエリアを周れます。

※深海Ⅱ(有人潜水調査船「しんかい2000」の展示エリア)へは階段のみとなります。

 

ベビーカー置き場有(イルカショースタジアム)

f:id:tete-by-sisters:20190419221052j:plain

イルカショースタジアムの客席は階段状になっていてベビーカーのまま観覧することはできません。

後方壁際にあるベビーカー置き場を利用しましょう。

 

ベビーカーレンタル可

ベビーカーは当日チケット売り場横の発券事務室にて300円でレンタルできます。

 

わが家のえのすいレポ

今回は私と娘の2人で平日の午前中に遊びに行ってきました^^

以前休日に行った時と比べるとそこまで混雑感はなく、ベビーカーを押しながらでもゆったりと見て回れました♪

 

f:id:tete-by-sisters:20190424215515j:plain

えのすいは足元まで水槽になっている展示が多いので、ベビーカーに乗った赤ちゃんや、小さいお子さんでも十分に楽しむことができます!

娘も目の前を泳いでいく魚をじーっと眺めたり、時々手を伸ばしたりと興味を持っている様子でした^^

 

f:id:tete-by-sisters:20190419222836j:plain

こちらはキッズ水槽という展示で子ども用の高さに作られています。

覗き込むワクワク感もあっていいですよね^^

 

f:id:tete-by-sisters:20190419225512j:plain

1歳の娘が一番興奮していたのがやはりイルカショー♪

前から4列目で見たのでなかなか迫力があり、イルカがジャンプする姿に声を出して大喜びしていました^^

トリーターさん(えのすいスタッフさんの総称)と観客が一緒になってイルカにサインを出せる場面もあったりして小さい子から大人まで盛り上がれるショーでした!

 

記念撮影ができる!

館内入ってすぐにフォトコーナーがありカメラマンが撮影をしてくれるのですが、手持ちのスマホやカメラでも撮ってもらえるので来館記念にオススメです!

 

3時間滞在しました!

ショーの見学数や混雑度合いによって変るとは思いますが、えのすいのHPによると館内を見学するのに必要な時間は1時間半〜2時間と書かれています。

私達は館内一周+ペンギンショー+イルカショー+お昼休憩で3時間の滞在でした。

 

広すぎないのが◎

滞在時間からも分かるかと思いますが、わりとさくっと回ることができる広さです。

子連れの場合、あまり広すぎても途中で疲れてしまうこともありますよね^^;

それでも展示やショーは十分に楽しめる内容になっているので満足感はあります!

残りの時間で江の島や少し足を伸ばして鎌倉などを観光するのも良いですよね♪

 

平日は母子で楽しむのも◎

今回私もそうでしたが平日は母子だけで楽しんでいる姿を結構見かけました。

施設が広すぎないことや、平日は比較的空いているのでベビーカー移動もしやすく、ママ一人でも赤ちゃんを連れて回りやすい水族館だと思います^^

 

お得な年パス

・年パスはどれくらいお得?

えのすいの年間パスポートは3歳から大人まで購入でき2回分の入場料金で1年間何度でも利用できます。

f:id:tete-by-sisters:20190424113708p:plain

 引用:年間パスポート | 新江ノ島水族館

大体3〜4回で元が取れる年パスが多い気がするので2回はお得ですよね^^

近場にお住まいの方や、水族館が好きな方には年パスの利用がおすすめです!

 

・年パス購入の流れ

年パスは1Fチケット売り場の窓口で購入します。

窓口で料金を支払った後、その日中に2Fのウェウカムラウンジにて登録手続き(名前や住所等の記入と写真撮影)を行い、その場で顔写真入りのカードを受け取ることができます。

混雑具合にもよりますが手続きにかかる時間は5〜10分程です。

 

・年パス特典

①同伴者の入場料が1割引

年パス会員と一緒に入場する場合は当日券が1割引となります。窓口で会員本人がカードを提示する必要があります。

②館内のショップ・カフェ・フォトコーナーでの割引

館内ショップでお土産 5%割引、ソフトクリーム 100円引き、記念写真 100円引きなどお得な特典を受けられます。

③えのすい近隣施設での特典

エッグスシングスや江の島アイランドスパなど、近隣のレストランや温泉施設で年パスを提示すると割引やサービスを受けられます。対象店舗はこちらから。

④早期更新特典

有効期限月より前に更新すると最大3ヶ月有効期限を延長してもらうことができます。翌年も年パスを利用する方は早期更新でさらにお得になります。

⑤年パス会員限定のメールマガジン

年パス会員限定の情報や更新特典の案内などを受け取れます。希望する場合は年パス申込時にメールアドレスを記入するか、カードに印刷されているQRコードから登録できます。

※新江ノ島水族館のメルマガ「えのすい情報局」とは別に登録が必要です。

⑥お泊まりナイトツアー割引 

閉館後(夜)の生き物たちの様子を観察できるプログラムに参加する際に割引を受けられます。子ども限定、親子限定、女性限定、カップル限定など様々あり、プログラムによって内容や料金は異なります。

 

施設情報

・公式HP

https://www.enosui.com

・休園日

年中無休

・開園時間

開園時間は時期によって異なるため下記よりご確認ください。

 ▶︎ 営業時間・料金・交通 | 新江ノ島水族館

・入園料

大人2,400円 /  高校生1,500円 / 小・中学生1,000円 / 幼児(3歳以上)600円

※高校生は水族館の売場窓口で学生証の提示が必要になります。

 

周辺情報 

江ノ島

f:id:tete-by-sisters:20190419215822j:plain

えのすいに行ったら合わせて楽しみたいのが江の島ですよね!

江島神社までの表参道は商店街となっていて、しらすバーガーやたこせんべいなど食べ歩きできる江の島グルメが沢山並んでいます^^

江島神社は縁結びのパワースポットとして有名で、頂上には江ノ島を一望できるシーキャンドルなどもあります。

赤ちゃん連れの注意点として江の島は細い道や階段が多く、頂上への道も行きはエスカー(エスカレーター)があるものの帰りはありません。

ベビーカー置き場もなく折りたたんで持ち歩くことになるので、赤ちゃん連れの場合は抱っこ紐で行くことをおすすめします。

 

EggsThings

f:id:tete-by-sisters:20190419215804j:plain

ハワイで人気のパンケーキを味わえるエッグスシングスがえのすいの斜め向かいにあります!

パンケーキが有名ですがエッグベネディクトやステーキなどの食事メニューも楽しめます。

全席禁煙で子ども用の椅子や食器もあるので子連れには嬉しいですね^^

ただ休日のお昼時はやはり行列ができるほど混雑することもあるので、お昼時をさけるか、あらかじめ予約しておくとスムーズに入れます!

HP :Eggs 'n Things 湘南江の島店 - EGG'SN THINGS 【公式】

 

Cornology

カリフォルニア発のグルメポップコーンの専門店コーノロジー。

その海外初上陸店舗が江の島にあります!

キャラメル、チーズ、コーヒー、抹茶、トリュフ、ミント、オレンジピールなどバリエーション豊富な約15種類ほどのフレーバーから選ぶことができます。※一部期間限定

オシャレな江の島のお土産になること間違いなしです♪

HP:Cornology Japan – 【公式】ポップコーン専門店コーノロジー 

 

最後に

これから大型連休や夏に向けて江の島観光を計画されている方もいるのではないでしょうか♪

混雑も予想されるので、あらかじめ設備等を確認しておくと安心かと思います!

えのすいに遊びに行かれる方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです^^

 

この記事の著者:すず(姉)
夫・2017年生まれの娘・猫3匹と暮らしています。
子育てに加えて、娘と猫との様子なども交えながら書いていきます!
▶︎詳しいプロフィールはこちら