tete.

子育て真っ只中の姉妹2人で運営!妊娠中や出産時の体験談、育児グッズのレビュー、子連れでのお出かけなど、子どもとの暮らしに役立つ情報を発信します。

【授乳期】あると便利な授乳ストラップは100円で手作りできる!作り方と使い方を紹介♪【100均】


\ この記事が気に入ったらシェア! /

f:id:tete-by-sisters:20200129131721j:plain

こんにちは!姉のすずです^^

授乳期にあると便利なのが洋服を固定しておける授乳ストラップ。

ベビー用品店などでも販売されていますが100円で手作りすることもできます!

今回は授乳ストラップの作り方と使い方を紹介します♪

授乳ストラップとは?

授乳時に捲った洋服をキープしておけるのが授乳ストラップです。

授乳口のない普通の洋服でも授乳がしやすくなり、赤ちゃんに洋服が覆いかぶさることもありません。

また片手が空くので、赤ちゃんを両手で支えたり、ガーゼなど何か物を取るときにもスムーズです。

 

 

作り方

・材料

f:id:tete-by-sisters:20200129120148j:plain

必要な材料は長さ1mのロングゴム1本のみ!

 

f:id:tete-by-sisters:20200129120509j:plain

100円ショップでヘアゴム売り場に1mのものが3本セットになって売っています。

カラフルなものやラメ入りのものなど色々あるのでお好みのものを選んでください^^

厚着する冬などは服をキープする力が強い太めのタイプがおすすめです!

 

・作り方

f:id:tete-by-sisters:20200129120447j:plain

作り方は端と端を結んで輪っか状にしたら完成

作り方と言うほどの工程でもないくらい簡単ですね^^

 

 

使い方

f:id:tete-by-sisters:20200129123009j:plain

①ストラップを首からかけます

②ストラップを服の下に通します

③下から服を持ちあげるようにしてストラップの端を首にかけます

使い方もいたってシンプルながら機能的! 私は1mでちょうどよかったですが必要に応じて長さは調節してみてください♪

 

 

あると便利でした!

ちょうどロングゴムが余っていたので試しに作ってみた授乳ストラップだったのですがこれが意外にもあると便利!

ストラップを首にかけることで自然と服が持ち上がるのでわずか3秒で授乳体制を作れます。

授乳回数が多かった時期などは1日中首からぶら下げていたほど愛用していました。 

 

初産で授乳には不慣れだったため赤ちゃんの姿勢やくわえ方を調整しながらの授乳が多く、片手があいているというのは何かと良かったです。

また完全母乳だったということや、出産したのが厚着する冬時期ということもあり、毎回の授乳時に服を抑えておくのが地味に面倒でしたがそれも解消。

服が赤ちゃんの顔にかからないのも安心でした♪

 

▼ちなみにデザイン性重視であればおしゃれな授乳ストラップも販売されています♪

 

娘の授乳はとっくに終わりましたが使っていた授乳ストラップが今になって出てきたので思い出しこの記事を書きました^^

授乳ストラップとしての役割を終えたゴムは切ってヘアゴムに使おうと思います!

 

 

最後に

今回は授乳期に役立つ授乳ストラップをご紹介しました!

長めのゴムがお家にあればすぐにでも作れるので母乳育児のママさんはよかったら試してみてください♪

 

この記事の著者:すず(姉)
夫・2017年生まれの娘・猫3匹と暮らしています。
子育てに加えて、娘と猫との様子なども交えながら書いていきます!
▶︎詳しいプロフィールはこちら