tete.

子育て真っ只中の姉妹2人で運営!妊娠中や出産時の体験談、育児グッズのレビュー、子連れでのお出かけなど、子どもとの暮らしに役立つ情報を発信します。

【妊娠中】肌の痒みトラブルは妊娠性痒疹かも!?症状・原因・対処法のまとめ


\ この記事が気に入ったらシェア! /

f:id:tete-by-sisters:20190904141111j:plain

こんにちは!姉のすずです^^ 妊娠中、肌の痒みがひどく妊婦健診時に相談したところ《妊娠性湿疹》と診断されました。

妊娠中特有の症状と知らずに悩んでいる妊婦さんも多いようです。

今回は妊娠性痒疹の症状・原因・対処法などをまとめてみました!

妊娠性痒疹とは?

・どんな症状?

妊娠性痒疹とはその名のとおり妊娠中特有の症状です。

腕・足・胸・お腹など体の色々なところに痒みが生じ赤い湿疹がみられます。

 

・発症時期は?

発症時期は様々で妊娠初期から悩まされる場合や、後期に入ってから発症することもあり、大抵が出産を機に自然と治ります。

なぜか2人目以降の妊娠時に発症するケースが多いそうです。

 

・症状の度合い

症状の度合いには差があり、出産前の早い段階で自然と治る場合や、ひどい痒みで眠れなくなったり掻きむしって出血する程までになることも。

化膿すると痕が残ってしまうこともあるので、つらい時にはまずかかりつけの産婦人科で相談することをおすすめします。

 

 

 妊娠性痒疹の原因は?

産婦人科の先生いわく明確な原因は分かっておらず、妊娠によるホルモンバランスの変化が関係していたり、 何らかのアレルギー反応によって起こるものと考えられているそうです。  

 

妊娠性痒疹の対処法は?

悪化させないために・・・

・肌を清潔に保つ

・肌の乾燥を防ぐ

・服の素材を綿など肌触りのいいものにする

・患部を冷やす 

 

つらい場合は病院を受診

妊娠性痒疹は原因に対する治療ができないため、 塗り薬などで痒みや炎症を抑える対処療法になります。

かかりつけの産婦人科や皮膚科で診てもらえますが、 皮膚科にかかる場合には必ず妊娠中であることを伝えてください。

胎児に影響のない塗り薬、保湿薬、内服薬などを症状に応じて処方してもらえます。  

 

 

私の場合

後期に入ってから発症

妊娠後期に入り胸、ひざ裏、ひじ裏に痒みを感じるように。

寒い時期だったこともあり乾燥が原因だと思っていたのですが、日に日に痒みは増し赤い小さなポツポツができていました。

それから肩、二の腕、背中、太ももと広範囲に同じような湿疹が見られ、痒さもひどくなる一方。

妊婦検診時に相談したところ妊娠性痒疹と分かりました。

 

一人目の妊娠でも起こる

2人目以降の妊娠時にかかる人が多いようですが、私は初めての妊娠ながら妊娠性痒疹を発症しました。

直接の関係があるかは不明ですが、元々軽度ながら花粉やハウスダストなどのアレルギーがあることと、年々肌が敏感になっているとは感じていました。

初産、経産に関わらずなりやすい体質などはあるのかもしれません。 

 

処方された薬で

保湿や冷却では痒みがひかなかったため産婦人科で相談し、 胎児に影響のない弱めのステロイド剤を処方してもらいました。

薬を塗った翌日には酷かった痒みがひき、2~3日すると湿疹も薄くなってきました。

残念ながら治ったと思っても別の箇所に新しく痒みが生じるので、 出産まで妊娠性痒疹とは付き合っていくことになりそうですが、 掻いてしまう前に薬を塗ることで悪化は防げています。   

 

産後どうなったか 

結局、出産まで治っては痒くなってを繰り返していました。

産後の様子はというと、出産直前に湿疹ができていたところは多少痒みが残りましたが、その部分が治ればそれ以降はぶり返すこともなくなりました。

1ヶ月健診時にはもう気にしていなかったので、本当に出産を機に自然と治ったという感じです。

 

 

最後に

私自身がそうなのですが妊娠特有の痒み症状があることを知らずに、 初めは乾燥からくるものだとばかり思っていました。 

日常的に保湿をしたり肌を清潔に保つことも大切ですが、 我慢できないような痒みが生じた際には妊娠性痒疹を疑って早めにお医者さんに相談しましょう。

 

この記事の著者:すず(姉)
夫・2017年生まれの娘・猫3匹と暮らしています。
子育てに加えて、娘と猫との様子なども交えながら書いていきます!
▶︎詳しいプロフィールはこちら