tete.

子育て真っ只中の姉妹2人で運営!妊娠中や出産時の体験談、育児グッズのレビュー、子連れでのお出かけなど、子どもとの暮らしに役立つ情報を発信します。

【オブアート】誰でも簡単にできる作り方&道具を紹介!お弁当や料理を可愛くデコレーション♡


\ この記事が気に入ったらシェア! /

f:id:tete-by-sisters:20200210183713j:plain

こんにちは!姉のすずです^^

今回は誰でも簡単に食べ物や飲み物をデコレーションできるオブアートのやり方を紹介します!

不器用でも絵が苦手でも大丈夫♪

毎日のご飯やお弁当はもちろん、誕生日など特別なイベントメニューにもおすすめです!

オブアートとは

・オブラート+アート=オブアート 

f:id:tete-by-sisters:20200207165322j:plain

オブアートとはオブラートに好きな絵を書き、飲み物や食べ物に貼り付けてデコレーションする方法です!

キャラ弁ほど手間がかからず、イラストも転写すればOKなので絵が苦手という方でも簡単にできます♪ 

ちなみに食べ物の味や食感は変わりません^^

 

・必要な道具は?

f:id:tete-by-sisters:20200206134110j:plain

■オブラート

■食用色素

■筆(ペンタイプの色素を使用する場合は不要。100均のネイルブラシがおすすめです!)

■クリアファイル 

道具は1000円前後で揃うと思います! 

 

オブラートの選び方

f:id:tete-by-sisters:20200206125649j:plain

・シートタイプを用意します

オブラートにはシートタイプ・袋やカップタイプ・ゼリータイプがありますがオブアートで使用するのはシートタイプになります。

パッケージやサイズ感が袋タイプと似ていたりするので間違えないようにしましょう。

 

・丸型?角型?

シートタイプにも丸型・角型・大判サイズなどがありますがシートタイプであれば形状はどれでも大丈夫です。

 

・オブラートはどこで買える?

薬を飲む際に使われるものなのでドラッグストアなど医薬品や衛生品を扱うお店で購入できます。

欲しい形状が店頭にない場合にはネットでも購入できます。

 

 

おすすめの食用色素

・ペンタイプ(初めての方におすすめ!)

f:id:tete-by-sisters:20200206131404j:plain

インク量や太さが一定でマーカー感覚で使えるのでオブアート初心者でもきれいに描くことができます。

輪郭のフチ取りには細めのスキニータイプ(全7色)・色塗りには太めのレギュラータイプ(全9色)がおすすめです。

▼フードペン / スキニータイプ

▼フードペン / レギュラータイプ

 

・粉末

f:id:tete-by-sisters:20200206130358j:plain

スーパーなどで身近に購入できる粉末の食用色素を使うこともできます。

水で溶き絵の具のように筆で描画していきます。

写真右側は「私の台所」というメーカーのもので体に優しい天然由来なのが特徴です。

▼私の台所 食用色素セット

簡単!オブアートのやり方

①好きな下絵を用意しクリアファイルに挟む

f:id:tete-by-sisters:20200206135037j:plain

紙に印刷したものでもいいですし、本や雑誌などにクリアファイルをのせて写すこともできます。

クリアファイルは事前に洗うか食品用除菌スプレーで拭き、しっかり水分を拭き取っておきます。

 

②オブラートを乗せ下絵をなぞる

f:id:tete-by-sisters:20200206135057j:plain

オブラートには裏表があるので触ってみてツルツルした面を上にしてください。

ファイルをティッシュや布でこすると静電気でオブラートが密着するので描きやすくなります!

  

③色付けをする

f:id:tete-by-sisters:20200206135410j:plain

色付けする場合にはフチ取りが乾いた部分から着色していきます。

水分量が多いとオブラートが破けてしまうので、筆で描く場合はあまりインクを含みすぎないようにしましょう。

描いているうちにオブラートが縮んできますが気にせず仕上げてください。

 

④乾いたらクリアファイルに挟む

f:id:tete-by-sisters:20200206135736j:plain

数分置いてインクが乾いたのを確認したらクリアファイルに挟み上から抑えます。

そうすると縮んでシワになっていたオブラートがきれいに伸びて食材に乗せやすくなります。

 

⑤食材にのせる

f:id:tete-by-sisters:20200207163741j:plain

あとは好きな食材にオブラートを乗せるだけ!

オブラートをのせる食材に水分が少ないない場合はくっつきにくいので霧吹き等をふきかけてからオブラートをのせてください。

 

オブラートを乗せるコツは・・・

水分に触れるとどんどん丸まっていくので、真上から四隅を同時に下ろす感じで一気に乗せるのがポイントです!

 

保存する場合は・・・

すぐに使用しない場合はクッキングシートに挟みクリアファイルに入れておけば1ヶ月くらいは保存可能のようです。

ただ乾燥してパリパリになり破れてしまうこともあったので1〜2週間くらいでの使用がおすすめです。

 

下絵はスマホを使うという手もある・・・

プリンターがない場合やプリントアウトが面倒・・・という場合には好きなイラストを表示したスマホの画面に直接オブラートを乗せて写すという手もあります!

好きなイラストを検索してすぐに描き写せるので、実は私は一番この手法を使っています^^

 

 

オブアートの使用例

・パン

f:id:tete-by-sisters:20200206151143j:plain

・チーズ・・・焼く前のチーズにオブラートを乗せてからトーストします。

・トースト・・・何もトッピングをしない場合は霧吹きなどでパンの表面を濡らし、オブラートを乗せてからトーストします。

・マーガリン・・・パンを焼いてからマーガリンを塗った上にオブラートを乗せます。バターやクリームチーズも同様です。

 

f:id:tete-by-sisters:20200207174051j:plain

ちぎりパンや丸パンなど手作りのパンにも使えます。

その場合は焼く直前にパン生地にオブラートを乗せればOKです!

 

・ごはん

f:id:tete-by-sisters:20200207173909j:plain

乗せやすくイラストも映えるのがオムライスです!

お弁当にもおすすめ♪

 

f:id:tete-by-sisters:20200212104528j:plain

おにぎりやお弁当箱に詰めたご飯などに乗せることもできます!

お米の粒の凸凹があるとオブラートが浮いてしまうので乗せる面をなるべく平らにするのがコツです^^

※ラップやアルミホイルに包む場合はしっかり粗熱をとってからでないとオブラートがくっついてしまいます。

 

・飲み物

f:id:tete-by-sisters:20200207165912j:plain

飲み物に乗せてラテアート風に楽しむこともできます♪

泡立てたミルクやビールの泡などは乗せやすいです^^

牛乳やスープなどに直接乗せることもできますが丸まりやすいので一気に乗せるのがポイントです!

 

・お菓子

f:id:tete-by-sisters:20200210172035j:plain
キャラクタークッキーも簡単に作れます!

クッキー生地にオブラートを乗せてから焼けばOK♪

アイシングクッキーにしても可愛いと思います^^

他にも生クリームに乗せてオリジナルケーキを作ることもできるので誕生日などのイベントにも活用できます!

  

 

最後に

娘の誕生日に好きなキャラクターのデコメニューを作りたくて挑戦したオブアート。

思っていた以上に簡単に可愛くデコレーションできるので私自身がハマってしまいました^^

娘が食べたがらない食材をオブアートでデコると喜んで食べてくれたりもしたので、イヤイヤ期や苦手食材の克服にも役立っています!

イラストを描いた状態でストックしておけばあとは貼るだけでOKなので毎日のお弁当にもおすすめです♪

 

この記事の著者:すず(姉)
夫・2017年生まれの娘・猫3匹と暮らしています。
子育てに加えて、娘と猫との様子なども交えながら書いていきます!
▶︎詳しいプロフィールはこちら