tete.

子育て真っ只中の姉妹2人で運営!妊娠中や出産時の体験談、育児グッズのレビュー、子連れでのお出かけなど、子どもとの暮らしに役立つ情報を発信します。

【予定帝王切開】予定日はいつ決まる?当日の流れは?立ち会いはできる?実際の体験談!


\ この記事が気に入ったらシェア! /

f:id:tete-by-sisters:20190530195213p:plain

こんにちは!妹のななです★
私は上の子を出産時に緊急帝王切開になったため、下の子は予定帝王切開でした。
予定日が決まった時期や手術当日の流れ、術後の痛みについて書いていきたいと思います!

予定帝王切開とは?

経膣分娩が難しいと思われる場合に、前もって予定日を決め帝王切開を行うことを予定帝王切開と言います。
出産予定日に近いと陣痛が来て緊急帝王切開になる可能性があり、早すぎても赤ちゃんの呼吸障害などのリスクが高まるため38週頃に行われることが多いです。

 

予定日はいつ決まった?

 予定帝王切開になる理由にもよるのですが、私の場合1人目が帝王切開だったため最初から帝王切開を決めていました。
6ヶ月頃、病院の先生にそれとなく手術日はいつ頃決まりますか?と聞いたところ、その場ですぐ決まりました^^;

逆子などが理由だと後期になり決まることもあると思いますが、最初から帝王切開が決まっている場合は先生にあらかじめ確認しておくと安心だと思います!

 

手術当日の流れ!

私が出産した個人病院は当日入院でした。
前日の20時頃までは飲み食いしていいとのことでしたが、それ以降は水のみと言われました。

そして手術当日、病院へ向かい診察をする前に病室へ案内され荷物を置くことに。
その後出産前最後の検診を受け、手術準備に入りました。

剃毛、浣腸、点滴を行い午前中の外来が終わり次第手術になることに!

12時過ぎに外来がもうすぐ終わりそうとのことで分娩室に移動し、点滴の確認や麻酔の準備に入りました。

その後すぐに先生が来て硬膜外麻酔を打つことに。

 

麻酔は痛い?

背中から麻酔を入れるので横向きに寝て背中を丸めなければならないのですがお腹が大きいとこれが結構大変でした。
麻酔自体はすごい痛いわけではなく、神経付近がぐっと押されるような感じにびっくりして動いてしまい、看護師さんたちに押さえつけられながらでした。

麻酔が効いてきたことを確認されて、いよいよ出産となりました。

 

いざ出産!

13時ぴったりに出産したので分娩室に入ってから30分足らずで赤ちゃんに会えました!

私は麻酔が効きやすい体質なのか、赤ちゃんを取り出したあと喉の方まで効いてきてしまい、息苦しくなってきました。

それに気づいてくれた先生が、あとは縫合だけだから眠らせてあげてと言ってくれて、他の麻酔を入れてもらいすぐ寝てしまいました。

目を覚ますとまだ手術中で、起きたことに気づいた先生があと5分で終わるからね!といわれ実際5分くらいで手術が終わりました。

終わり次第ストレッチャーへ移動、そのまま病室へと戻りました。
時計を見ると15時を過ぎていて、癒着が酷く剥がすのに時間がかかっていたとの事でした。

17時頃に赤ちゃんを病室に連れてきてくれて、初めてちゃんと見ることが出来ました。

 

術後の痛みは?

術後麻酔が切れると激しい痛みが出てきました。産むたびに酷くなると言われている後陣痛もありとにかく痛みが酷く、痛み止めを入れてもらうことに。

ですがその痛み止めが切れるとまた我慢できないくらいの痛みになり、また痛み止めの繰り返しが1日続きました。

次の日のお昼頃には我慢出来ないほどの強い痛みも落ち着き、痛みはあるもののゆっくり寝返りをしたり少しずつ動けるように。

3日目には尿管を取ってトイレに行ける程に回復しました。
私の場合傷口よりも後陣痛が酷くて、生理痛のような痛みが続きました。

入院中はしばらく痛み止め(ロキソニン)は飲んでいたものの、退院時にはほぼ痛みは引き痛み止めも必要ないくらいまで回復しました。
産後1ヶ月は授乳時の後陣痛と傷の違和感は残りました。

 

立ち会いは出来る?

これは病院によると思うので、もし帝王切開が決まっていて立ち会いもしたい!ということであれば事前に病院に確認しておくと安心だと思います。
1人目の病院は帝王切開は立ち会いは出来ませんでしたが、2人目の病院は立ち会いが出来ました。

手術が始まり赤ちゃんが出てくるまで立ち会い出来ましたが、赤ちゃんが出てきたらすぐに外に出されたそうです。

目隠しのためについたてがあったのですが、覗けばすぐ見えるようになっていたらしく、血液や傷口が苦手な方は厳しいと思うと主人は言っていました。
実際倒れてしまう旦那さんもいるそうです^^;

私自身は手術前、本当に緊張と不安でいっぱいだったので主人が側にいてくれたことでとても安心出来て立ち会ってもらえて良かったと思いました!

 

上の子はどうしてた?

上の子が2歳10ヶ月の時に下の子を出産しました。
専業主婦のため、保育園には入れておらず幼稚園のプレに週1通っていました。

母子手帳を貰った時に、産前産後8週間は保育園に預けられると話を聞きました。
ですが朝6時に仕事に向かう主人、フルタイムで共働きの両親という環境の中で、送り迎えを頼むのは難しいと思っていました。

そんな時に母から実家の近くの産婦人科が、託児所付きで評判もいいと聞き早速受診することに!
妊婦検診の間も預かってくれて、長い待ち時間も苦ではありませんでした。

出産の日も手術が始まる前に預けて、終わって落ち着いたら迎えに行ってもらいました。

入院中も毎日託児所に預けることが出来たためとても助かりました!

 

最後に

予定帝王切開は出産日が決まっている分、予定も立てやすく安全というメリットがあると思います。
ですがやはり手術ということで予定日が近づくにつれてどんどん不安に…!

私自身予定日前日はかなりピリピリしてしまっていました。
主人に立ち会いをしてもらい安心して出産することが出来たので、帝王切開が決まっている方は旦那さんと相談の上、立ち会いの出来る病院を見つけることをおすすめします★

 

この記事の著者:なな(妹)
夫・2014年生まれの息子・2017年生まれの娘と暮らしています。
2人育児をするママならではの目線で書いていきます!
▶︎詳しいプロフィールはこちら