tete.

子育て真っ只中の姉妹2人で運営!妊娠中や出産時の体験談、育児グッズのレビュー、子連れでのお出かけなど、子どもとの暮らしに役立つ情報を発信します。

【動物園】赤ちゃんと行くズーラシアレポ!授乳や離乳食も大丈夫◎赤ちゃん連れに安心の設備を紹介!


\ この記事が気に入ったらシェア! /

f:id:tete-by-sisters:20190122000833j:plain
こんにちは! 姉のすずです^^

娘は9ヶ月頃に動物園デビューしました^^

行ったのは神奈川県横浜市旭区にあるよこはま動物園ズーラシア

赤ちゃんを連れて行く場合に気になるオムツ交換台や授乳室の有無など、ママに必要な情報をまとめました! 

ズーラシアはこんな動物園

日本最大級の動物園

開園から徐々にエリアを拡大し、現在は53.3ha(東京ドーム10個分!)という広大な敷地で日本最大級の動物園に!

緑豊かな自然を満喫しながら1日楽しめる広さです。

道幅にもゆとりがあるのでベビーカーでも回りやすくなっています^^

 

動物は約100種類

ライオンやトラなどの人気動物から、キリンやゾウなどの大きな動物、動物園には珍しいホッキョクグマやペンギン、そして世界三大珍獣と言われるオカピなど、約100種類の動物を見ることができます。

 

生息環境を再現

ズーラシアではそれぞれの動物が野生で生息している環境を再現した「生息環境展示」を行なっていて、動物の自然な姿を見ることができます。

またエリアごとに気候帯別の植物が植えられていて動物たちのふるさとの雰囲気を楽しめます。

 

アスレチックや広場でも遊べる

ズーラシアにはアスレチックや広場などもあり体を動かして遊ぶこともできます。

2ヶ所にあるアスレチックはなかなか本格的で多くの子供たちが夢中になって遊んでいました^^

 

お弁当を持参するのも◎

f:id:tete-by-sisters:20190122000834j:plain
何箇所か芝生の広場があり持参したお弁当を食べることができます。

いくつかテーブルもありますがお昼時には早くに埋まってしまうのでレジャーシートを持って行くことをおすすめします!

また上の写真のようなベンチも各エリアにあり、比較的空いているのでここで軽食を取ることもできます。

 

赤ちゃん連れにも安心の設備

オムツ交換台は全てのトイレに!

f:id:tete-by-sisters:20190122000835j:plain
オムツ交換台は園内全てのトイレに設置されています。

広い園内だからこそオムツ交換台の有無を気にしなくていいのは助かりますよね。

 

授乳室は5ヶ所!

授乳室は以下の5ヶ所にあります。

授乳室内は仕切りなどはなく椅子だけが置かれているので、授乳ケープを持参するといいと思います。

・正門横のコインロッカー室

・アマゾンセンター

・ころこロッジ

・サバンナテラス

・北門

  

調乳ポット・離乳食用レンジ有

f:id:tete-by-sisters:20190122000836j:plain

オージーヒル グリルレストランには調乳用のポット持参した離乳食を温める電子レンジが用意されています。

※同レストランは離乳食以外の食べ物の持ち込みは禁止されています。

 

ベビーカーレンタル可

ベビーカーは600円でレンタルすることができます。

貸し出しは管理センター内レンタルコーナー北門入口内レンタルコーナーの2ヶ所で行なっています。

園内の広さを考えると乳幼児を連れの場合、ベビーカーは必須だと感じました。

レンタルもできますが有料となるので持参することをおすすめします。

 

- スポンサーリンク-

 

わが家のズーラシアレポ!

ゲートを入りすぐに興奮の娘!

入り口のゲートを抜けると一気にジャングルのような雰囲気が広がります。

大人でも思わずおぉ〜!っとなり、娘もベビーカーに前のめりで声をあげながら足バタバタ。

園内をベビーカーで散策するだけでもいい刺激になっている様子でした^^

 

混雑具合は?

f:id:tete-by-sisters:20190122000831j:plain

わが家が行ったのは祝日。

開園の少し後に入りましたがすでに多くの人であふれていました。

ただ園内がとにかく広いので道が詰まるようなことはなくスムーズに歩き回ることができ、動物の前に人が集まっている場合でも少し待てば入れ替わりで見ることができました。

 

ベビーカーに乗せたままでも見れる!

f:id:tete-by-sisters:20190122000832j:plain

動物によっては高めの柵が設置されているので抱っこしてあげる必要がありますが、このようにガラスの柵もあるのでベビーカーのまま動物を見せることもできます。

大人とは違う低い目線で見る動物は迫力があり、娘も楽しそうに目で追っていました^^

 

生息環境を再現するがゆえに・・・

生息環境を再現した展示はズーラシアの魅力のひとつでありますが、動物たちが休む時など草陰や岩陰などにすっぽり隠れてしまい姿を見れないこともしばしば^^;

動物にもよりますが開園すぐや夕方に比較的活発な姿を見れるそうです!

 

動物とふれ合いイベントも充実

ズーラシアではポニーやラクダに乗ることができたり、モルモットやヤギなどの動物にふれ合うこともできます。

また飼育員さんのお話を聞きながら動物園の裏側を見て回れるツアーなど、動物について楽しく学べるイベントも実施。

多くのお子さんや家族でにぎわっていて、娘がもう少し大きくなったらこういったイベントに参加するのも楽しそうだな〜と思いました^^

開催日時や定員制限があるので参加を希望される方は事前に公式HPで確認してみてください。

イベントカレンダー|よこはま動物園ズーラシア|公益財団法人 横浜市緑の協会

 

赤ちゃん連れでも楽しめました!

9ヶ月の娘は離乳食が3回食になった頃でお昼を食べさせる必要があり、おっぱいもまだ必要。

そのあたり大丈夫かなと思っていましたが、お昼時でも電子レンジはすぐに使え、授乳室もいくつかあるため混雑することなくスムーズに利用できました。

娘も終始ご機嫌でいてくれてパパママも安心して楽しめました♪

 

施設情報

・公式HP

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/

・開園時間

9時30分~16時30分(入園は16時まで)

・休園日

毎週火曜日(祝日の場合は開園し翌日休園)/ 12月29日~1月1日

・入園料

大人800円 /  高校生・中人300円 / 小・中学生200円 / 小学生未満無料

ちなみに毎週土曜日は小中高生の入園が無料となります^^その場合には学生証等の提示が必要なのでお忘れなく!

 

最後に

ママに嬉しい設備が整っていて、広くてゆったり回れるので、赤ちゃん連れでも安心して行ける動物園でした。

アスレチックもあるので上のお子さんがいても遊べそうですし、自然の中でお弁当を食べたりと家族で1日楽しめます!

というか広すぎて全て回るのに1日かかる・・・というのが正しいかもしれませんが^^;

長時間外にいることになるので季節によっては暑さ、寒さ対策を忘れずに楽しんできてくださいね♪

 

この記事の著者:すず(姉)
夫・2017年生まれの娘・猫3匹と暮らしています。
子育てに加えて、娘と猫との様子なども交えながら書いていきます!
▶︎詳しいプロフィールはこちら